野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • お役立ち

  • 描き手が あんまりいない『学習漫画のニーズ』 漫画家・鈴木みそ インタビュー(5)

描き手が あんまりいない『学習漫画のニーズ』 漫画家・鈴木みそ インタビュー(5)

描き手が あんまりいない『学習漫画のニーズ』 漫画家・鈴木みそ インタビュー(5)

連載
漫画家・鈴木みそ インタビュー
鈴木みそ流の学習漫画
「マンガ 物理に強くなる」「マンガ 化学式に強くなる」について

 

今回の内容

本連載は、ルポ漫画や電子書籍出版などで有名な漫画家・鈴木みそさんにお話を聞かせていただくインタビューとなります。

第5回となる今回は、『学習漫画のニーズ』について聞かせて頂きました。

漫画家・鈴木みそさんについて

漫画家。1963年8月12日生まれ。静岡県下田市出身。
美術予備校時代、編集プロダクションで、ライター、編集者、イラストレーターとして雑誌作りに関わる。
ゲーム雑誌『ファミコン必勝本』『ヒッポンスーパー』などで、ゲーム攻略、記事、コラム、イラスト、を書く。
東京芸大油絵科除籍後、編集プロダクションから独立。漫画家になる。
ビッグコミックスピリッツ、野球漫画『ネットワーク22』でデビュー。
2013年『限界集落(ギリギリ)温泉』をAmazonでセルフパブリッシュ、1千万円を売り上げて話題になる。

毎年増刷がかかる、鈴木みその学習漫画


この本は、毎年増刷がかかってるんですけど、高校の先生が参考書として毎年1年生にオススメしてくれるんですよ。

マンガ 物理に強くなる―力学は野球よりやさしい (ブルーバックス) マンガ 化学式に強くなる―さようなら、「モル」アレルギー (ブルーバックス)

どこだったか、東大に何十人も入れる進学校で、毎年全員に参考書として配っているそうです。大変ありがたいです。


──手元の2冊は最近amazonで買ったものなんですが、確かに「物理」が11刷。「化学」が30刷になっています。すごいですね。

年に1回から2回。ちょこちょこ来るんですよ。4月と10月ぐらいに増刷のお知らせが。

「化学式につよくなる」は初版1万5千部だったのに、12万部超えました。僕の他の本って本屋さんにほとんどないんですけど、この2冊は安定してずーっと棚に置いといてもらえてるんです。ブルーバックスはどこの書店でも大きな棚を確保してますから、売れたらすぐに補充してくれる。学習モノは強いですねえ。

学習漫画のニーズ


──毎年重版がかかるということは、学習漫画に普遍的な需要があるということだと思いますが、そのニーズは、今後増えていくと思いますか?

p_interview_misosuzuki_800_10

結構あるらしいんですよ。あるけど、描き手があんまりいない。


──需要があるのに、もったいないですね。

紹介メディアとしての「漫画」

i_interview_misosuzuki_800_01
引用元:http://business-manga.com/


──学習漫画ではないんですが、企業の紹介漫画を描きます。みたいな仕事は増えているような気がしています。
みそさんもお描きになっていたかと思いますが。

僕も、そういう方向がこれから先は増えていくと思っています。漫画は週刊誌などが徐々に減ってくる。

週刊誌で漫画は読めなくなっても、パンフレットやいろんなところに漫画って出てきてもいいんじゃないかって思ってます。

僕は広告漫画とかフィリピンに留学してで英語を勉強しましょうみたいなのも描いてますけども、そういうものがもっと増えていくだろうなと思っています。


──そこは描き手はいるんでしょうか。

漫画を教えてる先生に聞いてみたところ、とても学生の受けが悪いらしいんですよ。やりたくないんですって、みなさんは。
やっぱりファンタジーとかストーリー漫画を描きたいらしいです。


──漫画って最近流行りのインフォグラフィックの一種でもありますよね。むしろ高度に発展したインフォグラフィックにも思えます。説明ツールとしてレベルが高いものなので、そこに対してモチベーションを持つ人がいてもおかしくないようには思いますが、意外とそうではないんですね。

そうですよね。説明するときにイラスト入れるの、昔「ポンチ絵」っていってて。「ポンチ絵さんでしょっ」て、文科省辺りに行くとまだそう言われるんですけど。

漫画はそういう意味では、分かりやすく説明するためのツールの一つなんですよね。


──そうですよね。

僕はもっと、メーカーの取扱説明書とかに漫画が入ってくるんじゃないかと前から言ってるんです。

例で言うと、そうそう。コンドームの4コマ漫画が昔海外でありました。

あれの使い方って、言語で書くとすごい大変じゃないですか。それを絵だけで、こうやって開けて、かぶせます、終わったら縛って捨てます。ということが長い4コマ漫画のように描かれてた。

これぞ「ポンチ絵」というか。ワールドワイドな取り扱い説明書は、絵が入ってたほうが断然伝わりますね。


──紹介、説明するメディアとしての漫画の需要と供給の関係が、これからどうなっていくのか気になりますね。

今回のインタビューは以上です。

次回は、『学習漫画を描く人の条件』について聞いていきます。


鈴木みそ
漫画家
1963年静岡県下田市出身。
美術予備校時代から、編集プロダクション「キャラメル・ママ」のライターとして雑誌作りに関わる。
ゲーム雑誌などで、ゲーム攻略、記事、コラム、イラスト、をこなす。元編集者兼ライター兼イラストレーター。
東京芸大油絵科除籍後、多忙すぎるプロダクションから独立。漫画を描く。

twitter: @MisoSuzuki
blog: CHANGE

聞き手・編集:YAQUE 編集部

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」のお役立ちカテゴリの描き手が あんまりいない『学習漫画のニーズ』 漫画家・鈴木みそ インタビュー(5)記事のページです。第5回となる今回は、『学習漫画のニーズ』について聞かせて頂きました。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧