野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • お役立ち

  • 第二十回戦《オカルト投手三本柱「漫画が示した未来予知」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第二十回戦《オカルト投手三本柱「漫画が示した未来予知」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第二十回戦《オカルト投手三本柱「漫画が示した未来予知」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

岸本:そうですね。現役だけど、まあベテラン枠がやっぱ大事ということでね。

早瀬:そうなんですよ。このオカルト三本柱、野球にも三本柱ってものがありまして、野球で先発を務める三本、3人いたらこの1年間うまくまわるんじゃないかと。

岸本:ローテーションがね。

早瀬:っていうのがあるんですけれども、そしたらこのオカルトでもですね、何か当てはめて、僕やったのが一番最初の「超人三本柱」っつって。

岸本:やりましたね。

早瀬:3人の超人を紹介するみたいな。

岸本:普通に初心に戻ってますね。

早瀬:何かを当てはめて3人、何かの3つを紹介していこうじゃないかっていうような企画なんですけれども。
さあ、この20回目、じゃあ何をテーマにするか。

岸本:相当なテーマでしょうね。20回ですから。

早瀬:ちょっとね、難しいとこ選びましたよ、僕は。

岸本:はいはい。何ですか?

「漫画がした未来予知」!

岸本:(笑)漫画がした未来予知三本柱?

早瀬:そうです、そうです。ちょっとね、あんま聞いたことないかもしんないですけど。

岸本:いや、ありますよ、結構(笑)。結構よく聞くやつですけど。

早瀬:だから、新しい客取りにきたって思っていただいて全然構わないです。

岸本:新規を狙ってという。いいんじゃないですか。

早瀬:いい、だから20回目のタイトル付けられるんじゃないかなっていうような。

岸本:(笑)なるほどね。まあまあでも、確かにいきなりすっごいコアなのをここでやんのもまた違いますから。

早瀬:そうですよ。

岸本:僕らのスタイルは、やっぱポップにやっていく感じですから。いいんじゃないですか、それで。

早瀬:そうなんですよ。
じゃあ一本目。ひとばしら目。いきましょうか。

岸本:ひとばしら(笑)?

早瀬:ひとばしらめ。ひとばしら、ふたばしら、みばしらで呼ぶから。

岸本:濁るんだね。

早瀬:濁る。一柱目いきましょう。一柱目は、

「震災、事故、事件を予知した漫画」!

岸本:はいはい。

早瀬:なんですけれども、これ有名なところでいくとね、9.11アメリカ同時多発テロ事件を予知した、これ何の漫画家って、岸本さんもうご存じでしょ。

岸本:まあ、結構あると思うんですけど、多分一番有名なのがジョジョじゃない?

早瀬:そう。ご名答!

岸本:ジョジョ(笑)、当たっちゃったんだ(笑)。

早瀬:そりゃそうですよ、ジョジョですよ。

岸本:そうだよね。

早瀬:『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦先生が描かれたジョジョなんですけれども、あのね、オインゴ、ボインゴっていうようなキャラクターが出てくるんですよ。

岸本:第3部かな。

早瀬:うん。第3部ですね。

岸本:承太郎のときだよね。

早瀬:そうそう。そのオインゴ、ボインゴのボインゴというやつは、未来予知ができる本を持ってるんですよ。

岸本:能力としてね。

早瀬:能力として。

岸本:スタンドのやつで。

早瀬:それで全部未来予知ができるんですよ。その未来予知で出てきたものというのが、オインゴ、ボインゴのオインゴね、片割れが「お、10時半だ」っつってそんなこと言ってて、「でもその友人は電柱に首が突き刺さって死んでしまいました」なんていう未来予知が出てしまったんですよ。

岸本:本の中でね。

早瀬:ただ、その中でちょっとえぐい未来予知があったと。その電柱に突き刺さって死んでる男の服には911、要は、9.11。そして、その後ろに飛行機と一緒に空に描かれている月、これがイスラムの象徴。で、「お、10時半だ」、10時半というのは、このセンタービル、ツインタワーに航空機が突入して倒壊した時間と全く一緒というようなものなんですよ。

岸本:時間ね。すごいよね、これ。

早瀬:これだけのものが、この2ページでいくつも要は一致してる場所というかね。

岸本:そうだね。1個の絵の中で複数の予知がされてるっていうとこだね。

早瀬:そうそう。1つの事件に対してね。

岸本:これすごいよね。

早瀬:そうなんですよ。ただ、荒木飛呂彦先生に「これ何なんですかね」っていう話、しょこたんと対談してる場面があるんですよ。

岸本:インタビューでね。

早瀬:インタビューでね。そしたら、「僕もびっくりしましたよ」。ただ、この911としか見えないTシャツも、「何で描いたのか分からない。何のデザインかも考えたけど、よく分からない」というように話してるんです。

岸本:ほぼ無意識で描いてるんだよね。

早瀬:無意識で描いてるというような話があるんですよ。

岸本:すごいよね。

早瀬:こう有名なところをちょっと足場にして、高いところに行きたいんですけれども。

岸本:(笑)でも、これほんとすごいよね。

早瀬:いや、ほんとにすごいんですよ。

岸本:今でさ、いったら結構有名になっちゃったからあれだけど。最初言われたときびっくりしたからね。

早瀬:びっくりするよね。だって、僕らも好きで読んでるわけじゃないですか。その読んでる1ページ、2ページにこんなものあったのっていうような。

岸本:知らなったもんね。だって相当前だもんね。第3部だし。

早瀬:しかも、その未来予知をするスタンドっていうオインゴ、ボインゴのボインゴが未来予知をするっていうような能力を持っていてだから、全部ぴったし合ってるんですよ。

岸本:そうなんだよね。

早瀬:だから、漫画を通り越して、世界のこと予知してるじゃないかというようなことにも感じられるし。なかなか面白い話なんですよね。

岸本:これはね、確かに入門編としては一番分かりやすいかもね。

早瀬:うるせえな(笑)!

岸本:いいんじゃないですか。

早瀬:評価すんな(笑)!

岸本:ひとばしら(笑)。

早瀬:目の前で評価すんな!
他にもね、事件、事故や震災っていうのを予知している漫画っていうのがあるんですよ。
次の予知がですね、3.11東日本大震災を予知している漫画がありますよと。『私が見た未来 ほんとにあった怖い話』っていうようなものがあるんですね。これは1999年に単行本化された漫画なんですけれども、その漫画の中に出てくる表紙のノートの一部に、「大災害は2011年3月」と書かれているものがあるんですよ。

岸本:うんうん。もうそのまんま日にちが出てるってことね。

早瀬:「大災害は2011年3月」って、漫画の表紙に書かれてるんですよ。ある切り抜かれたページの一部にね。もうぴったし当たってるんですよね、これが。2011年3月11日、日本観測史上最大の地震が東日本大震災だと。これがぴったし当てられていると。

岸本:そうだね。年号と月とね、当たってるっていう。

早瀬:そうそう、『私が見た未来』という、しかも未来の話です。予言したというような話ですけれども、すごいんですよ、これも。

岸本:すごいね。なんか予言の話の中で予言が当たってるっていうの、やっぱすごいよね。面白い。

早瀬:そうなんですよ。あと、岩手・宮城の地震を予知したっていうのもあるんですよ。『ブラックジャック』17巻、これ手塚治虫先生なんですけれども。

岸本:おお、また古いね。

早瀬:「もらい水」っていうようなお話の中なんですけれども、「6月の14日、午前8時ころ東北一体にマグニチュード7.5の地震発生」というような記述が書いてあると。この漫画の中にね。ぴったし一致してんすよ、これが。

岸本:その震度とか。

早瀬:2008年6月14日午前8時43分、東北地方にマグニチュード7.2規模の地震が発生。日時や発生場所、地震の規模まですべて一致していると話題になっていると。

岸本:規模ね、大きさね。すごいよな、これね。

早瀬:すごいんですよ、手塚治虫先生。

岸本:手塚先生ちょいちょいそういうのあるっていうよね、予言の。

早瀬:これがちょっと一柱目。

岸本:(笑)くくり雑じゃね? なんか。漫画の震災とかね。実際にあったものの予知と。

早瀬:地震、事故を予知しているというような話なんですよ。なかなかすごくないですか。

岸本:すごいよね。これはでも、ほんとにすごいよくできてるなっていうか。

早瀬:そうなんですよね、ほんとにすごいんですよ。
二柱目いっていいっすか、そろそろ。

岸本:そうっすね。はい、どうぞ、どうぞ。

早瀬:いきましょう。

「こち亀が予言した未来の話」!

岸本:はい。

早瀬:というようなね。

岸本:惜しくも終わっちゃいましたけどね。

早瀬:そうですね。200巻でちょっと終わっちゃったんですけれども、このこち亀がですね、実はいろいろな未来予知をしているんですよ。

岸本:あなたこち亀好きっすね。

早瀬:こち亀、僕すごい好きなんで。

岸本:そうですね。何回かこち亀の話聞いてる気がしますから。

早瀬:じゃあ行きましょうか。15巻9話、16巻1話で掲載された漫画の中に、女性白バイ隊員っていうものが出るんですよ。これは麗子が女性初の白バイ隊員に昇格されたっていうようなお話なんですけれども。

岸本:麗子ってね、女性のキャラね。ヒロイン的な。

早瀬:91年に実際にこの女性の白バイ隊員が結成されるというようなものがあったりとか。これは簡単なね、そりゃあるだろうみたいな話なんですけれども。

岸本:予想してるみたいなことかね。

早瀬:ここからすごいんですよ。19巻9話、これも古いですよ。自動掃除機ルンバが出てくるんですよ。発明家じいさんが作った太陽光発電、コードレス電話、ウォークマン、コンピュータ感知する自動掃除機とか、すべてこれね、自動掃除機ルンバだけでなく、他にもコードレス電話とかいったら携帯電話とかね。太陽光発電とか、全部あるんですよ、これが。ルンバが最もすごいと。

岸本:家電系がね。

早瀬:形までも一緒だったっていうね。丸っこくて。

岸本:今のスタイルの感じの。

早瀬:発明家じいさんが作ったものがすべて世の中、今にはあるというような。しかも、19巻なんて多分1980年代とかですから、その時代にもう20年以上先のことを予知していたと。

岸本:全自動の。まあ予知できたとしても、形が同じっていうのはすごいよね。

早瀬:すごいんですよね。

岸本:いろんなのを考えられるから。

早瀬:次いきましょうか。『マトリックス』の立体撮影、これ49巻の10話に掲載されてます。写真が立体に見える特殊カメラを見た両津は、同時に30台で写して30枚の写真をパラパラすれば立体的に動くんじゃないかっていうような提案をしてるんですよ。これがマトリックスで実用化されてるんですよ、先に。

岸本:映画のね。

早瀬:そうそう。映画の撮り方というのを両さんが先に提案してるんですよ。見てんちゃうかなっていうようなね。

岸本:それ全部言えるね。全部、これからヒント得て作ってるんじゃねえかっていうふうにも捉えられるかもね。

早瀬:次いきましょうか。そういうこと言われたらもうあれやから(笑)。

岸本:(笑)。

早瀬:でも、見てるとは思えないだよね、マトリックスの人がね。

岸本:思えないよね、海外のウォシャウスキーとかって、何かね、そんな。

早瀬:ウォシャウスキーか。そうそう。次が、今はもう当たり前になってますけど、Skypeで会議をするっていうのもあるじゃないですか。

岸本:ビデオ、テレビ電話的なやつでね。

早瀬:そうそう。宴会場にモニターをたくさん置き、電話回線を通じた映像によるバーチャル同級会を開催したんですよ。これはもう完全にSkypeとテレビ会議みたいなものを予知してるんですよ。

岸本:比較的それはでも最近だよね。まだ、その会議で使うっていうのをやってること自体がね。だから、相当早い段階だね。

早瀬:次いきましょうか。これがすごいんですよ。課金ゲーム。課金ゲームをね、96年掲載の「電脳ラブストーリーの巻」っていう回で、もうすでに予知してるんですよ。

岸本:それは携帯のゲームでみたいなことなの?

早瀬:プレイステーションとかテレビゲームです。バイクに乗ると性格が変わる男・本田が恋愛ゲームを購入し、とある一人の女性キャラにメロメロになり、ゲーム内でなぜかキャッシュカードのナンバーを聞かれて、5万円の服をゲーム内で購入するというエピソードがあると。

岸本:はいはい、ありそう。こち亀っぽいな。

早瀬:そして、97年掲載の「超美少女SLG(シミュレーションゲーム)の巻」というのでは、コミック105巻なんですけれども、柔道の達人、左近寺っているじゃないですか。

岸本:いるいる、左近寺。

早瀬:が、「どきメモ」という育成ゲームをプレイし、お金を入れないと連続してプレイできなくなってしまうため、課金を繰り返すといった描写もあると。

岸本:見たわ、俺それ。覚えてる、覚えてる。

早瀬:僕もすごい好きで見ました、見ました。で、両さんに「攻略法教えてくれ」って聞きまくるっていうような話なんですけれども、このシーンに対して、これを見た方々が「完全にこれソーシャルゲームだろ」というような。「予言してるじゃねえか」っつって。ソーシャルゲームで身を滅ぼす人もいるじゃないですか。

岸本:重課金的なね。

早瀬:そうそう。「左近寺じゃねえか!」っていうのでいろいろ言われてるんですよ。

岸本:このエピソードすげえ覚えてるわ。多分みんな覚えてたんだろうね。

早瀬:何ていんですか、目になんかバーンって付けて。

岸本:バーチャルリアリティー、VRね。

早瀬:VR。あれも実はもう両さんの中では開発されるというか、発売されるもうだいぶ前にやってるんですよ。これも発明じいさんの回か分からないですけど、僕見たんですけど、そのバーチャル的なもの目に付けて、で、レースゲームやってました。

岸本:まあレースはやる感じだよね。VR今。

早瀬:そうそう。レースゲームやっててっていうのがあるので、結構予知してるんですよ。だから、今200巻出てるでしょ。もしかしたら、もっと未来に開発されるようなものがその中にはあるかもしれないって、ちょっと見てみるっていうのも面白いかもしれない。

岸本:そうね。確かに見直す機会にいいかもね。完結するし。

早瀬:あと、開発者はちょっと見て「これ、いけんのちゃうか」っていうような。

岸本:ヒントをね。

早瀬:そう、ヒントをそこから得てもいいかもしれない。

岸本:そうだね。それこそ、あれだよね。特許取っときゃいいのにね。

早瀬:いや、ほんまですよね。すごいですよね。

岸本:ね。秋本先生。すごいね。なるほどね。漫画家すごいのかな。

早瀬:みたいなね。二柱目ですよ。

岸本:(笑)ふたばしら。こち亀だけ別格扱いなんですね。

早瀬:いや、こち亀、僕好きなんでね。でも、実写化は別に全然好きちゃいます。

岸本:あれね。某スマップの方がやってたやつね(笑)。

早瀬:そうそう、「ほげえ」のやつね。あれは僕全然好きちゃいます。

岸本:いや、僕も嫌いです。

早瀬:お、気が合いますね(笑)。
よっしゃ、じゃあ三柱目。三柱目はこちらです。

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」のお役立ちカテゴリの第二十回戦《オカルト投手三本柱「漫画が示した未来予知」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。漫画が作中で的中させた未来予知の数々を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧