野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • 女子向け

  • 第四十五回戦《オカルト投手三本柱「世界の巨人伝説」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十五回戦《オカルト投手三本柱「世界の巨人伝説」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十五回戦《オカルト投手三本柱「世界の巨人伝説」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

早瀬:犬、猫で相当差があるから、人間でも差があってもおかしくないですけどね。

岸本:まあそうだよね。人間だって、ちっちゃい人は140ぐらい? 女の人とかでもいるし。

早瀬:犬、猫はそんな差じゃないですけど、ライオンと例えばですけど普通の猫。

岸本:そういうこと? ネコ科みたいなことでくくるとっていうこと。

早瀬:何倍も差があるんじゃないですか。

岸本:あるある。個体差ね、

早瀬:だから、人間もそのぐらいの差があってもおかしくないような、2倍、3倍とかじゃきかないじゃないですか、ネコ科なんて。

岸本:そうだね。

早瀬:だから、人間でもそんな差があっても、今はあれですけどおかしくないのかなって思いますけど。

岸本:まあね。でもそうだね。でも、なぜこんなに差が開いたのかっていうのと、今なんでそんなに差がないのかっていうのも不思議だよね。どんどんちっちゃくなっていったのか、どういうことなんでしょうかね。興味深い事案でございました。

早瀬:(笑)。

岸本:(笑)じゃあ次いきましょうかね。ちょっと趣向を変えたやつをいこうかなと思います。じゃあ三柱目。

「月面の巨人」!

早瀬:おお!

岸本:巨人シリーズ締めくくるにふさわしいのは、ちょっと地球外に出ようかなと思いまして、月面の巨人ということで。
月面ということで、月なんですけれども、Google Moonってご存じですか?

早瀬:月見られるやつですよね。

岸本:そうそう。Google Earthだっけ。Google Earthだよね。

早瀬:Google Earth

岸本:Google Earthは結構有名じゃないですか。っていうか、皆さん大体使ったことはあると思うんですけど、衛星で地球を自分で覗き込むような。いろんな地域に行って見ることができるっていうようなサービスがあるんですけれども、Google Moonっていうのが実は、あんま知られてるのか分からないんですけど、あるんですよ、サービスで。それは何なのかというと、Googleが衛星で月を見ることができるようにやっているサービスなんですね。そのGoogle Moonで、2014年の7月に奇妙な画像が発見されたと。それが全体が黒くて、いかにも人型をした生物のように写っていたと。しかも、影がはっきりと写っているため、そこに何かしらの物体が存在していることは間違いなさそうだと。要は、カメラとかレンズのゴミみたいなものではなさそうだと。影がちゃんとあるから、そこには存在しているのは間違いないと、何かが。
これがちょっとネットを中心に話題になりまして、月面にシャドーピープルが現れたとか、あと月の巨人だなどと話題になるわけですよ。じゃあこの月の巨人の正確な全長とかは分からないんですよ、さすがに月ですけど。でも、推定が幾つか出ているんですけれども、どれぐらいのやつだと思います?

早瀬:30m。

岸本:おお。でかく出たね(笑)。

早瀬:そのぐらいあってほしいなっていう。

岸本:希望も込みで?

早瀬:希望、希望。

岸本:これ、一説にはですよ。全長は約170~200mと推定された(笑)。

早瀬:ええ! 200!? いや、月のGoogle Earthに写るぐらいだから、ちょっと大きめに言ってやろうと思ったんですよ。

岸本:まあね。いくら、距離がすごいあるからでしょ。

早瀬:そうそう。距離があるから、だからちょっと大きめに言おうと思ったの。写るぐらいですからね。

岸本:ちょっと大げさに言った、ないかもなぐらいの。

早瀬:いうて10mぐらいかなと思いましたけど。

岸本:(笑)で、ちょっと乗せて30と。

早瀬:3倍で30って言ったけど、それの3倍?

岸本:(笑)3倍どころじゃないよ。170~200ですから。

早瀬:170~200か。うわ! すっご!

岸本:これはでも、正確な数値はないんですよ。結構何説もあって、さっき言った30mぐらいみたいな説もあるのはある。

早瀬:要は、隣のでっぱりとかそれと比べたらそれぐらいあるだろうとか、そういうことですよね。

岸本:そうそう。カメラとの距離とかなんかで、推定なんですけど。本当かよって思うけどね。200m(笑)。

早瀬:だって、地球よりちっちゃいんですよ。

岸本:東京タワーとか、だって333とかでしょ。

早瀬:そうそう。

岸本:だから、ゴジラとかそういう世界の感じじゃない? ウルトラマンとか。

早瀬:ゴジラよりも全然。ゴジラはだって100mですもん。すげえわ。

岸本:だから、それが月で、しかも歩いている感じでいたと。で、これがもう生物なら、もう巨人としか言いようがない。大巨人ですよ。
で、言い訳じゃないけど、月の重力が地球に比べ16.7%しかないっていうことを考えると、重力って押し付けられてない分伸びるっていう可能性はあるんじゃないかとか、そういうような話もあったりするんですけれども。

早瀬:優しい人ですね。

岸本:(笑)だいぶ、それ一説でいくの強いけどね。

早瀬:優しいわ。なんかその人がね。もし巨人っていうのがいるとしたらっていう仮説を立ててくれるっていうのが、すごい優しいなと思いますよね。夢を壊さないというか。

岸本:そうね。もしあるとすれば、こういう理由が考えられるんじゃないのぐらいのね。

早瀬:優しいわ。

岸本:ただ、今早瀬さんみたいに疑いの目で見る人も多いわけですよ。

早瀬:いやいや、疑ってはないですよ、私。

岸本:そんなわけねえだろと、批判的な意見もめちゃくちゃ出たわけですよ。そりゃそうでしょうねっていう感じはあるんですけれども。

早瀬:影だとかそういうことでしょ。

岸本:そうそう。影の陰影だろうとか、そういう批判的な意見、相次ぐわけですけれども。

早瀬:そりゃそうだ。

岸本:論争になるんですけど、その渦中に驚くべき事実が明らかになったと。

早瀬:何だよ。

岸本:実は、その後同様の物体が別の場所でも発見されたと。最初の目撃地点から600kmも離れた場所にも、さっき言った巨人の影みたいなものとほとんど同じようなシルエットのもの、というより、最初より生物的シルエットで人が歩行しているときの動作にそっくりなもんが600km離れた場所で見つかっていると、月の。
ってことは、単体じゃないぞと。いるぞ、これ、何匹かみたいな。ということで、もしこれが本当に生物だとした場合は、もう本当に未知の巨大生物が住んでいる。しかも複数いるんじゃないかということで、実はここ、月っていうのが一番巨人が適している場所なんじゃないかと。
ただ、NASAとかは、聞いたところ、「いや、いるわけねえよ」と冷たく言い放つ感じですけれども。NASAは今までいろいろ隠してるんじゃないかっていうこともいっぱいありますし。

早瀬:決まったときしかそうですって言わないですからね。

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」の女子向けカテゴリの第四十五回戦《オカルト投手三本柱「世界の巨人伝説」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。「世界の巨人伝説」を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧