野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • 女子向け

  • 第四十八回戦《オカルト三冠王「早瀬の私的妖怪ヒストリー」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十八回戦《オカルト三冠王「早瀬の私的妖怪ヒストリー」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十八回戦《オカルト三冠王「早瀬の私的妖怪ヒストリー」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

早瀬:ファンクラブありましたからね。1年に14~15人に告白されましたからね。

岸本:何なん? その学校。どうなってんの?

早瀬:むちゃむちゃモテましたよ。しゃべれないだけだったのに、クールって言われて。

岸本:当時ね。当時、だって、バカしかいないから、しゃべんないで落ち着いてると、かっこよく見えるっていうのはあるよね。

早瀬:妖怪のこと考えてたんですよ。もっとバカやったんですよ、みんなより。

岸本:まあでも、モテるっつってもあれでしょ? 妖怪みたいな女ばっかりでしょ、大体。

早瀬:いや、それがね。東京から越してきた子とかね。

岸本:憧れの的じゃん、それ。

早瀬:そうそう。

岸本:マドンナになるじゃん、その流れ。

早瀬:むちゃくちゃモテてましたよ、その子は。

岸本:東京ブランド強いわ。

早瀬:東京ブランド強いからね。だって、方言ないんですもん。

岸本:やっぱそれ、キュンと来るんでしょ?

早瀬:テレビで見るやつだみたいな感じ。

岸本:そういう感じなんだ。

早瀬:小綺麗にしてて、普段から。綺麗で。髪型なんて、よく図解、妖怪なんたらとかでやまんばとかバラッバラの。

岸本:ざんばらな髪を。

早瀬:あんな感じなんですよ、みんな。

岸本:(笑)みんな。

早瀬:なんですけど、その子だけ短髪にしてて。

岸本:ちゃんととかしてるんだろうね。

早瀬:そうそう。広瀬すずちゃんみたいな髪型してましたもん、今の。

岸本:なるほどね。

早瀬:かわいかったわ(笑)。

岸本:(笑)何の話。

早瀬:かわいかった。妖怪好きなんて、僕言ったことないです、人に。

岸本:当時は。じゃあ共有することはなかったんだ?

早瀬:する必要ないと思ってましたね。なんか。これ好きで、これ好きでって言ったことない。あ、次男ぐらいですね。

岸本:次男には多少。

早瀬:そうそう。こうで、こうでってUFOの話とかしてて、しまくったら、「UFO怖すぎて寝られない、やっちゃん」って言われて、2人引っ付きながら寝たみたいな話とかもあったりしましたよ、当時はね。

岸本:かわいいじゃん(笑)。かわいいエピソードだ。

早瀬:「連れていかれるかもしれんのん?」みたいなこと言ってね。そんなんもありましたよ。そんなんどうでもいいですよね。そんなんあってね。
それがもう三冠目ですね。そこからはもう、変わらずずっと熱持ち続けて、今も好きでいつづけるみたいな、って感じですね。

岸本:結構なんかあれだね。いろんなタイミングであったね。ほんとちょうどいい感じのバランスというか。低学年から入って、中学校で一回きっかけがあってみたいな。

早瀬:嫌になったときもあるんですよ。オカルト。

岸本:そっか、あるよね、普通一回は好きなものを嫌いになる時期とかね。

早瀬:俺もあった。妖怪とかそういうオカルトものから一回ちょっと。

岸本:離れた?

早瀬:一回ちょっと手切ろうって思ったときはある。

岸本:そうなんだ? それは思春期ぐらいのころに?

早瀬:サッカーですね。

岸本:やってることが他であって、そっちが楽しいと。

早瀬:体動かすの楽しいなって気付いたとき。

岸本:まあ妖怪でも動かしてたけどね。探検してるなら。

早瀬:それのときですね。それの2年間ぐらいですね。サッカーを本気でやったのが2年間だけだったんで。あとは遊びでやってたんで。

岸本:そっか。それででも復活したんだ?

早瀬:しましたね。

岸本:急に?

早瀬:急にじゃないですね。何だろうな。アンビリバボーですね。

岸本:なんか面白いもの当たったんだ?

早瀬:2時間特集とか、それこそ杉沢村とか、津山30人とか。

岸本:事件寄りだね、じゃあちょっとテイストは。

早瀬:そんなんで入ったと思います。そんなのでまた復活したような覚えあります。

岸本:そうなんだね。

早瀬:写真とか、それこそ呪い面とか、山口先生のとかから、また復活したような気しますね。

岸本:どうなんだろうね。そういう人って、ハマる人って、結構みんなどういう体験から入ってるかって分かんないね。やっぱあれなのかな。鬼太郎がやっぱり多いのかな、一番。

早瀬:多いと思いますよ。鬼太郎は。

岸本:それは王道な気するよね。

早瀬:王道、王道。

岸本:鬼太郎から入るっていうのは。

早瀬:今『ムー』ってないじゃないですか。『ムー』からっていうのが。もう詳しい人じゃないと。

岸本:だって、『ムー』に手出す人がいないでしょ。最初から知らずに。

早瀬:そりゃそうだ。

岸本:それはないでしょ。

早瀬:ないですね。

岸本:アニメもないじゃない。『妖怪ウォッチ』とか、ああいうのから入るのはいるかもしれないか。

早瀬:僕はあんまり好きじゃないですけどね。

岸本:まあまあ、時代だから。

早瀬:メラメライオンって(笑)。

岸本:時代だから、それは(笑)。

早瀬:メラメライオンってって思いますもん。

岸本:もういいじゃない。俺は別に何も思わないけど、それに関しては。

早瀬:日本おらんやんって。

岸本:いいでしょうよ。メラメライオンがいても。

早瀬:いやいや、山の中メラメライオンより、ライオンおるほうが驚くやん。

岸本:より怖いよね。

早瀬:それ違うくない? え?みたいなときありますよ、そりゃ。

岸本:いやいや、それはそれ。

早瀬:この前見たら、なんか宇宙から来た猫が、なんか目尖らせて敵と戦ってましたよ。

岸本:いや、もう分かんねえな。すごい世界観だね。

早瀬:宇宙じゃん、それって。妖怪じゃねえじゃん。

岸本:2つ入っちゃってるよね。違うジャンルが。

早瀬:宇宙人じゃん、それみたいなのはあったり、それはしますけど。だから、あんまりぐちゃぐちゃしすぎて好きじゃないんですよね。

岸本:なるほどね。でも、きっかけないもんね。それこそ今、鬼太郎もテレビでやんないわけじゃん。だから、ないよね、ハマるきっかけって。

早瀬:そうそう。妖怪もっと流行んねえかな。

岸本:妖怪、どうだろうね。今後来るのかね、ブームって。

早瀬:来るんじゃないですか。妖怪ウォッチきてるし。

岸本:あるか。あるかもね。そのときにまた、ちょっと妖怪に関することでも。

早瀬:仕事来ねえかな。ほんとに。仕事来いよ。結構詳しいぞ。

岸本:なんか需要があれば、そのうちあるんじゃん? マジで。岡山ないの? 岡山で。

早瀬:え?

岸本:地元で妖怪にまつわる仕事とか持ってくりゃいいじゃん。

早瀬:ごんご祭りとかね。それこそ。

岸本:営業行って。

早瀬:いや、だから知られてないでしょ。

岸本:俺地元だよっつって。凱旋だ、凱旋。

早瀬:東京っぽく思うけど、俺岡山地元なんですよって行こうかな。

岸本:すごい地元のスーパーとか、やってくりゃいいじゃん。

早瀬:それこそあれですよ。ウェストランドさんとか仕事一緒ですから。

岸本:一緒に。

早瀬:そうですよ。

岸本:(笑)まあね。結構あれだな。だから、ちょっと参考になるんじゃない。早瀬を知るということもそうだし、妖怪とかにハマっていくには、どうするかみたいな。

早瀬:でも、地元妖怪調べて悲しいこともありますよ。

岸本:そう?

早瀬:俺、岡山県津山市って調べると、やっぱり飛ばされる場所が出てきたんで。あと、どうやったら津山市の人と仲良くなれますかっていうYAHOO知恵袋に質問してたりとかするんで。

岸本:なんか気難しいみたいなね。

早瀬:そうそう。そんなんも出てきたりするんで、ちょっと悲しいときもありますけど。

岸本:何の話なの、それ(笑)? 自分の県民性が分かるみたいな。

早瀬:そうそう、歴史とか調べたりすると。あと、津山市って入れたりすると、そういう悲しいことも調べられたりするんで。

岸本:わりとね。知りたくなかった情報が出るっていう。あるかもね。

早瀬:急に大きい鈍器で頭ぶん殴られたみたいな気持ちになるんで。

岸本:そこでまたターニングポイントになるっていうね。

早瀬:流刑地だったんだ、津山市って。飛ばされる先の場所だったんだと思ったりとかね。

岸本:それはでも、みんなそう思ってるんじゃないですか(笑)。

早瀬:(笑)。

岸本:大丈夫だと思いますよ。みんな知ってると思うんで。

早瀬:という、僕の妖怪にハマった歴史ですよ。この三冠でした。

岸本:早瀬の三冠王でしたね。

早瀬:早瀬の三冠でした。これで聞いて、50回まで楽しんでいただければ。

岸本:そうですね。ちょっと深みが出るかなと。

早瀬:そうですね。以上です。

岸本:はい。ありがとうございます。ということで、本編終了いたしました。

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」の女子向けカテゴリの第四十八回戦《オカルト三冠王「早瀬の私的妖怪ヒストリー」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。「早瀬の私的妖怪ヒストリー」を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧