野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • 意識高め

  • 第五十四回戦《オカルトドラフト会議「UFOにまつわる事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第五十四回戦《オカルトドラフト会議「UFOにまつわる事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第五十四回戦《オカルトドラフト会議「UFOにまつわる事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

岸本:回転式だ。

早瀬:風がすごいんですって。木をだって揺らすほどですからね。

岸本:まあヘリコプターとかと同じような感じだね、多分。

早瀬:で、この奇妙な物体は何かっていうことで、彼は本署に連絡を入れて指示を仰ごうとしているんですよ。ところが、なぜか無線は全く通じなかったんですって。「こちらアラン・ゴドフリーです。すいません」って言っても、全然無視みたいな。あれ?みたいな。そもそもこれ、無線通じてないじゃんっていうことで、おかしいぞってなって。

岸本:ツー、ツーみたいな感じ。電話だと。

早瀬:そうですね。仕方なく彼は、事故報告用紙に球体の様子などを記して、いったん現場を離れようとしたんですって。ここ危ないかもしれないと。で、気が付くと彼はパトカーと共に自分がいた場所から100m近く移動をしていたんですって。あれ?ってなって、俺移動してない?って。

岸本:気が付くと?

早瀬:気が付くとなんですよ。気が付くと、彼はパトカーと共に自分がいた場所から100m近く移動していたと。周囲を見渡すと、その発光物の姿もすでになかったんですって。その一瞬なのに、時間がすでに20分ほど過ぎていたと。その20分間何があったのって。おかしくない?ってアラン・ゴドフリー思うわけですよ。何があったか分かんないっつって。彼は逆行催眠を受けているんですけれども、彼はUFOの内部に連行されて、生体実験を受けたことが証明されていると。この事件は公職に就いている人間によるものだけに信憑性が高いと。

岸本:そこだよね、やっぱり。

早瀬:だけれども、イギリスの政府はこの一切の情報を公開していないんですって。当時新聞とかにも書かれましたし、ものすごい記事にはなったんですけれども。

岸本:その後の情報は、もう一切公開しないと。

早瀬:そうなんですよ。というような、結構ありがちな、連れて行かれて、っていうかあれか。目覚めたら時間がすごい過ぎててとか、気が付くと20分ぐらい過ぎててって結構あるじゃないですか。ありがちなんですけれども、警察官が連れて行かれるっていうのはちょっと稀有なパターンとして、ちょっと今回ご紹介させていただきました。
さあ、岸本さん、アラン・ゴドフリー事件、こちらドラフト何位でしょう?

岸本:こちらドラフト2位ですね。

早瀬:あ! 結構いいとこについた。なぜ?

岸本:やっぱ俺、この手のものに関しては、かなり重要視するのはリアリティーなんですよ。

早瀬:言いますね、よくね。

岸本:ほんとに有り得そうかどうかっていうところで、やっぱり警察官っていうところの情報のソースが信憑性あるのかなって思える。あと、ディテールが結構細かい。

早瀬:細かい。さすが警察官っていう感じですよね。

岸本:やっぱよく観察してるなっていうところ。

早瀬:だって、見てすぐ用紙かなんか、写真ないですからね。用紙かなんかにその光の球のどんな感じかっていうのを書き起こすって、なかなかないじゃないですか。してますからね、彼警察だから。

岸本:やっぱさすがっていう感じはあるよね。

早瀬:さすがだなって感じしますよね。だから、こんな細かい描写が分かったんですけど。すごいですよ。

岸本:やっぱ最終的に催眠でどういうことが起こってたかをちゃんと謎解きできてるっていうところも、まあまあいいよね。

早瀬:いい保安官!

岸本:(笑)まあまあ別に、いい保安官かどうか分かんないけど、悪徳かもしんないけども。

早瀬:ちょっと言っとこうと思って。いい保安官です。
次最後。次でじゃあ1位を狙おうかな。

岸本:まだ空いてますから、1位、できればここで埋めたい。

早瀬:いきましょう。

「超有名人が遭遇した謎の宇宙人」!

岸本:ほう。

早瀬:こういうの好きでしょ。

岸本:分かんない。どういうタイプかによる。

早瀬:日本でも有名人っていうタレントさんが、よくなんかUFO見たよっていう人多いじゃないですか。

岸本:いますよね。普通に。

早瀬:木下優樹菜、高校1年のときかまぼこのような宇宙船に乗せられ、火星人に「これ以上地球を汚すな」って木下優樹菜が言われたんですって(笑)。

岸本:(笑)木下優樹菜に直接言ったんだ。

早瀬:高1のときにむちゃくちゃ汚したんですかね。

岸本:人とかじゃなくて、お前だっていう感じなんだ。

早瀬:これ以上地球を汚すなって火星人に言われたんですって。

岸本:汚してたと思うよ、当時。

早瀬:まあまあね。

岸本:やんちゃだろうし。

早瀬:そうそう。ツバ吐いたりとかやってたと思いますよ。それで、これ以上地球を汚すなって木下優樹菜が言われたんですって。代表としてね、人間の。

岸本:これ、ドラフト言ったほうがいいですか。

早瀬:いや、まだまだ。

岸本:(笑)駄目、まだ。

早瀬:グルメリポーターの彦摩呂さんとか、歌手の山本譲二なども宇宙人と遭遇しているんですけれども、超有名人も実はちょっと。

岸本:さらに大物が。

早瀬:うん。それがジョン・レノン。

岸本:だいぶ変わったな(笑)、テイストが。

早瀬:変わったでしょ。4人のエイリアンと遭遇したってジョン・レノンが言ってるんですよ。でも、どこにも言えないから、相談しなきゃいけないよねってなって、誰かにね。詳しい人友達いないかなってなって、相談したのがユリ・ゲラー。

岸本:ユリ・ゲラー(笑)。オノ・ヨーコじゃ駄目だったんだ。

早瀬:オノ・ヨーコじゃ駄目ですよ。

岸本:駄目なんだ、そこは。

早瀬:解散したほうがいいしか言わなかった(笑)。

岸本:ユリ・ゲラー知り合いなんだね。

早瀬:ユリ・ゲラー友達なんですって。で、1975年のことだったと、これはユリ・ゲラーに明かしたのが。ニューヨークのアパートで寝ていると、突然眩しい光を感じ、目を覚ましたと。ドアを開けると4人の生物がいて、ゴキブリのような地を這うような動きで近づいてきて、ジョン・レノンに卵のようなものを手渡して消えたんですって。で、手元に残った謎の物体が気味悪かったから、これ分かんないんだよねっつって相談したときに、ユリ・ゲラーに託したんですって。

岸本:その卵のようなものを?

早瀬:そうそう。そのときに、言っときますけど、ジョン・レノンはドラッグとかそういったものの幻覚じゃなくて。

岸本:そう。俺もそれかと思っちゃった。

早瀬:マジのエイリアンなんですよっていうのをユリ・ゲラーに訴えたんですって。

岸本:自分で言ったんだ、じゃあ。

早瀬:マジ、ドラッグじゃねえからっつって、ほんま見たからって、正真正銘のエイリアンだよっていう。

岸本:やってないときだってことね。

早瀬:やってなかったよっつって。で、ユリ・ゲラーがジョンから聞いた話を元に、いろいろ考えると、4人のエイリアンは小さかったんですって。聞くところによると、ジョン・レノンにね。で、ゴキブリのように這うようにって言いますから、昆虫のような姿をしていたと。で、目や口のようなものもあって、だからニュータイプのエイリアンアニマルなんじゃないかと。

岸本:あんまりちょっと、絵が想像つきづらいやつですね。

早瀬:で、卵渡されて、その卵をユリ・ゲラーに渡したんですけど、その5年後にジョン・レノンは殺されてるんですね。だから、もしかしたら関係があるかもなって言うてるんですけど。僕の意見からすると、全く関係ないと思ってるんですけど。

岸本:(笑)。

早瀬:関係あるかもしれないっていうのも。

岸本:あるかなって今思ったけど。

早瀬:いや、もう絶対ないと思います。

岸本:ないよね、多分(笑)。

早瀬:絶対ないと思います。っていうような、ちょっと超有名人が遭遇した昆虫のような4人の宇宙人っていう話ですよ。

岸本:(笑)はいはい。宇宙人なんですね、多分。

早瀬:一応ね。光がばーっと発光して。

岸本:何か分かんないけど、宇宙人っぽいってことか。

早瀬:そうそう。その光から出てきたのが、ゴキブリのような地を這う昆虫型の宇宙人4人だったっていう。

岸本:ほう。

早瀬:卵ですからね。ユリ・ゲラーまだ持ってるかもしれないですもん、その卵。ジョン・レノンから託されたという。

岸本:卵ならかえってるとかかえってないとかが知りたいよね。面白いと思うけど。

早瀬:というような話があるんですよ。さあジョン・レノンが目撃した昆虫のような4人のエイリアン、ドラフト何位ですか?

岸本:ドラフト、1位です(笑)。

早瀬:(笑)嘘つけ! あんまハマってなかったろ!

岸本:嘘ですけど(笑)。

早瀬:優しさを出すなよ、そこで。

岸本:違うんだよ。

早瀬:こいつ活躍しねえぞ、言っとくけど。

岸本:埋めなきゃと思って、1位埋めなきゃと思っちゃって。

早瀬:活躍しねえぞ、こいつは。

岸本:これ、ぶっちゃけ話としては、もう三流ですよ。全然大したことない。

早瀬:あんなイマジンとか天才的な歌詞書くやつが。

岸本:そう。出てきてる人は面白いし、話としても悪くはないんだけどね。

早瀬:木下優樹菜で落ちちゃうんだよな。

岸本:そうそう。あれですね。ちょっと大物の名前負けしちゃってる感じがする、ストーリーが。もっとありそうって思っちゃった。

早瀬:木下優樹菜で落ちてんだよなっていうんだったら、木下優樹菜後にすりゃいいじゃんって思うかもしれないけど、ジョン・レノンの後にできるわけないし、木下優樹菜の話をね。

岸本:(笑)そうそう。気持ち悪いよね、やっぱそういうのね。

早瀬:これ以上地球を汚すなって木下優樹菜が言われたっていうのは、面白いです、確かに。

岸本:それが一番、やっぱ思い出に残る回ですからね。だから、今回はドラフト不作の年ですよ。

早瀬:確かにね。難しかったな。

岸本:1位いない、不在です。今回。

早瀬:いや、じゃあジョン・レノン何位ですか。

岸本:ジョン・レノンは15位とか。

早瀬:(笑)。

岸本:ジョン・レノンじゃないしね。そもそも、ジョン・レノン事件じゃないし。

早瀬:確かにね。

岸本:でも、後日談があれば、マジでありかなって思える。その卵の。

早瀬:かえったとかね。

岸本:卵だったのかどうかとか、持っていることによってユリ・ゲラーに何かが起こってるとか。

早瀬:もしかしたらスプーン曲げれるようになったとかね。

岸本:そうそう。

早瀬:曲げてたんでしょうけど、もっと曲げられるようになった。

岸本:そうそう。フォークがなんかねじれるようになるとかね。

早瀬:そうそう。スプーンから曲がるようになったとかね。能力関係なく。

岸本:(笑)勝手にね。

早瀬:持ったスプーン全部。

岸本:いや、もうそういう、なんか後日談があれば、もしかしたら面白い話かなっていう。なんかまだ未完な感じがしちゃって。

早瀬:確かに、確かに。

岸本:まだちょっと成長過程で。

早瀬:40年前の話ですけど、でも。

岸本:だからこそ出ててもいいなと思って。

早瀬:もしかしたら隠してるのかもしれない、ユリ・ゲラーが。

岸本:そうだね。なかったこと、失くしたのかもね、単純に。

早瀬:それか、全くのペテンか(笑)。

岸本:それを言い出したらもうあれですけどね(笑)。

早瀬:亡くなった超有名人の友人の名を借りて、そういったことを言っているのか、ユリ・ゲラーがね。知らないですけど。

岸本:だから、今回あえて無理に1位やるんであれば、木下優樹菜事件ということで、今回は勘弁していただけないかなと思いました。

早瀬:分かりました。木下優樹菜で。
以上がオカルトドラフト会議でした。

岸本:ありがとうございます。

早瀬:ありがとうございます。さあさあ。

岸本:あれ、この後まだあるよね。

早瀬:この後、なんやらかんやらのやつです。

岸本:そうですよね。

早瀬:やり方分かんないから、どういうテンションでやってたか分かんないわ。一応空けたけど。

岸本:最後。

早瀬:何だったっけなと思って、どういうテンションでやってましたっけ。なんでしたっけ。

岸本:いや、テンションはそんないつもと変わんないけど。
ということで、本編は終わりましたけども、ちょっとお知らせがございます。

早瀬:お願いします。

岸本:こちら『オ・リーグ』、月一更新でやらせていただいておりますけれども、随時メールでお便り募集をしております。メールアドレスございますね。こちら、oleague02*gmail.com(*を@に変えてお送りください)になります。ご意見、ご要望、さらに企画などもございましたら、ぜひ送っていただければと思います。

早瀬:ぜひぜひ。

岸本:ということで、じゃあ今回も締めていただきたいなと思います。

早瀬:はい。それでは、『オ・リーグ』54戦、ゲームセット!

岸本:ありがとうございました。

早瀬:ありがとうございました。

 

プロフィール

p_prof_toshiboys_600

執筆者:都市ボーイズ(岸本 誠/はやせ やすひろ)

・岸本 誠 1984年9月28日 東京都生まれ
(好きな都市伝説ジャンル:陰謀論など)
・はやせ やすひろ 1988年3月14日 岡山県生まれ
(好きな都市伝説ジャンル:心霊・妖怪など)

■岸本とはやせによる若手放送作家コンビ
ポッドキャスト番組『都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ』を発信中。
apple社が選ぶ『2015年ベストオブポッドキャスト新人賞』も受賞している。
■活動内容
・ポッドキャスト以外にも東京別視点ツアーにて『あなたの知らない都市伝説の現場ガイドツアー』のツアーガイドを担当。
・新宿ロフトプラスワンの動画『ロフトプラスワンpresents 発掘ラジオ』に出演。
・新宿ネイキッドロフトにてトークイベント『ポットキャストでは語れない都市伝説』開催。
podcast: 都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ
twitter: @nishimako0928
blog: 都市ボーイズ
mail: oleague02*gmail.com (*を@に変えてください)

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」の意識高めカテゴリの第五十四回戦《オカルトドラフト会議「UFOにまつわる事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。「UFOにまつわる事件」を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧