野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • 意識高め

  • 第五十六回戦《オカルトドラフト会議「野球選手の名言・珍言」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第五十六回戦《オカルトドラフト会議「野球選手の名言・珍言」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第五十六回戦《オカルトドラフト会議「野球選手の名言・珍言」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

岸本:いっぱい見てるからね。再生工場だもんね。

早瀬:そうですね。本格派、技巧派っていうのがあるけど、どっちかにシフトしないと投手っていうのは続かないんだよ。中途半端は駄目だっつって。この子はちょっと難しいかもなって言ってましたね。

岸本:へえ。ノムさん、やっぱすごいんだね。

早瀬:そうそう。先読む力があるという人なんですよ。

岸本:面白い。

早瀬:ちょっとやっぱ汚いのがいいですか。

岸本:いや、僕は、だから、美しい言葉をあんま求めてないですよね。でも、ちょっと長嶋監督、茂雄のああいうトリッキーな、何言ってんだか分かんないけど心にくるみたいなのはいいですよね。

早瀬:あれ、じゃあどうですか。ちょっと名言、珍言かな、これは。

岸本:珍言。

早瀬:。若いですけど、珍言です。

翔! 頂点目指して

「これ、なんて読むんですか?」

早瀬:っていう、これ珍言ですね。自分の胸に書かれたファイターズが読めなかったっていう(笑)。

岸本:(笑)はいはい。

早瀬:野球ばっかりしてきたから、無茶苦茶バカなんですよ。

岸本:でも、これ意外と名言かもしれないね。

早瀬:なんで?

岸本:それこそ、他のことに気を取られずに、野球だけに目がいってると、読めないっていうのはある種いいことなのかもしれない。

早瀬:しかも、うわさですけど、野球するのは好きだけど見るのは好きじゃないんですって。

岸本:それ言ってたよ。なんか見たわ。

早瀬:だから、12球団言えないんですって(笑)。

岸本:知らない。それはでも(笑)。

早瀬:当時ですよ。入った当時。

岸本:相手研究とかあるだろうよ、いろいろ

早瀬:入った当時ですよ。今は言えるでしょうけど、当時は言えなくて。

岸本:すげえ。

早瀬:「なんて読むの?」「ファイターズです」っつって、「ああ」って。とかいうのがあったんですよ。

岸本:日ハムで覚えてたんだろうね。

早瀬:日ハムで覚えてたんですね。

岸本:すげえわ。

早瀬:というのが名言ですね。中田翔の、「これなんて読むんですか」、さあドラフト何位ですか?

岸本:ドラフト、1位です(笑)

早瀬:(笑)。

岸本:いやいや、駄目だろ、でもこれ1位にしちゃ。好きだけど。

早瀬:っていうのがあったりとかして、他にちょっと面白いやつでいうと、西武ライオンズのおかわり君、中村っているじゃないですか。

中村剛也―埼玉西武ライオンズTAKE THE DREAM.舞 (スポーツアルバム No. 32)

岸本:でっかいっていうか、そんなにでっかくねえんだよな。

早瀬:そうそう。中村の名言。

「ホームランは握力で打つもんじゃねえっすから。」

早瀬:これは、さいたま放送のライオンズを応援しようっていう番組があるんですよ。僕それたまたま見てて、見てたらなんか野球選手の握力を測ろうっていうのがあったんですよ。よく企画であるじゃないですか。やっぱ野球選手っていうのは握力がすごいぞと。

岸本:まあね。基本的に体力全般すごいっていうイメージですよね。

早瀬:そうなんですよ。で、いろんな選手が70とか60とか出していくんですよ。80の人もいたかな。外国人の方で。

岸本:外人とかはそうだよね。

早瀬:80とかいって。で、いうてでも、いや一番はホームラン王は中村ですよっていって。

岸本:目玉だろうね。

早瀬:そうそう。目玉ですよ。ほんで、ちょっと握ってもらえますか、どうぞっつって、ぐって握ったら30ぐらいだった。で、あれ?って。

岸本:女子じゃねえか、それ。

早瀬:壊れてんじゃねえか、ちょっと合ってないのかもしれない、グリップがみたいな。ちょっと合ってないのかもなっつって、女子アナに握らしたんですよ。そしたら、女子アナ越えたんですよ。30越えちゃって、私のほうがありますねって言って、あれ?ってもう一回握るんですよ。直して。じゃあ30ぐらいなんですよ。そのときに言った言葉です。「ホームランっつうのは握力で打つもんじゃねえから」(笑)。キレるっていう、キレて帰るっていう。

岸本:もうほんとになかったんだね。

早瀬:ほんとになかった。

岸本:ね。言い訳とかそういことじゃなくて、ほんとにねえんだ。

早瀬:ほんとにないっていう、握力がね。

岸本:すごい。

早瀬:っていうのが中村おかわり君の名言、「ホームランっつうのは握力で打つもんじゃねえから」、さあドラフト何位でしょうか?

岸本:ドラフト、1位です(笑)。

早瀬:(笑)競合した! くじ引きじゃん。

岸本:いや、もうそうでしょ(笑)。

早瀬:いや、面白いんですよ、野球選手って。

岸本:何なんだろうね。やっぱちょっと子供っぽいとこがあるの多いよね。

早瀬:まあね。

岸本:やっぱ負けず嫌いなんだろうな、それも。

早瀬:そうでしょうね。確かにね。

岸本:なんか糸井だっけ。

早瀬:糸井ね。

糸井嘉男(阪神タイガース) 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-498

岸本:あの人もすげえなんか、めちゃくちゃなこと言うよね。天然って言われてるよね、あの人。

早瀬:ヒット打ってサードに走ったとか。

岸本:走ったとかね。

早瀬:そうそう。あと、日本代表戦行ってて、帰ってきたときに時差とか大丈夫かっつったら、「は? 何言ってんですか。時差って合わせるもんでしょ」っつって。は?みたいなね。

岸本:(笑)オカルト界の住人だろうね、多分。

早瀬:もうね、確かにね。面白いですよね、あの人も。

岸本:いや、でもなんか、あれだよね。プロ野球選手の名言もそうなんだけど、迷うほうの迷言も、なんかトップ選手のほうが出してる感じするよね。

早瀬:そうっすね。だって、新庄とかだと、野球をなんか教えるみたいな、ホームランの打ち方どうするんですかっつったら、来たボールをぱんって打つだけみたいなとか言ったりとか。

岸本:そうだね。長嶋茂雄と同じような感じじゃん。やっぱ天才肌の人ほどそうなってくのかね。

早瀬:そうっすよね。だってサッカー選手ですからね、新庄の夢は元々。サッカーしてましたからね、彼。

岸本:結果ハリウッドスターみたいになってくみたいなのあったしね。やっぱちょっと、天才、宇宙人っていわれてたもんな。

早瀬:今日は、巨人を食うね。

岸本:不思議。

早瀬:やってましたよね、いろいろと。

岸本:不思議じゃん。

早瀬:そうそう。野球面白いんですよ、すごい。
で、僕の地元の学校があって、そこに巨人のコーチやってくれませんかって言われるぐらいすごい人がいたんですよ。コーチでね。中学校のコーチで、でも、その人は地元の野球っていうのを強くしたいから、ジャイアンツには行きませんって言って断ったんですよ。要は、ちっちゃい子たちを育てるのが僕の生きがいだからって言って。その2年後に金を横領して辞めさせられるんですけど。

岸本:(笑)。

早瀬:ジャイアンツにも行けずに終わっちゃうっていう人なんですけど、その人何がすごかったかっていうと、キャッチャーフライを打つのがものすごいうまかったんですよ。

岸本:難しいっていうよね、キャッチャーフライ。

早瀬:そうそう。下にぽんっと当てて、上に。

岸本:真上に上げるんだもんね。

早瀬:そう、真上に上げるっていうのとか、自分が打ちたい場所に打てるんですよ。そのコーチっていうのは。だから、守備練習のときすげえ使えるんですよ。

岸本:だから守備がうまくなるんだ。

早瀬:すごい人だったんですね、コーチで。むちゃくちゃな人で、その人が残した名言はありますよ。金を横領した後に、チームは県大会に出れるんですよ。強かったからね、その当時。で、そのときに言った名言っていうのが、

「子より金。」

岸本:(笑)はいはい。

早瀬:結局、やっぱ子より金。金よっていう。

岸本:金のほうが重要だったと。

早瀬:これ、ちょっと名言。ある岡山県の。

岸本:ちょっと名も知らない、みんなは知らない。

早瀬:そうそう。凄腕コーチの名言、「子より金」、さあドラフト何位でしょう?

岸本:ドラフト、単独1位です。

早瀬:(笑)「子より金。」

岸本:「子より金」、これ名だわ。

早瀬:名言ですよ。

岸本:人間の本質を捉えてる。

早瀬:20年ぐらいやってるんです、コーチ。結局気付いたんですね。

岸本:やっと分かった。

早瀬:やっと分かったんだ。

岸本:いや、俺、だったら巨人行きゃいいのにと思ったもん。

早瀬:ほんとですね。でも、タイミングが合わなかったんでしょうね。

岸本:稼げたでしょう。

早瀬:かっこつけたんだろうな。でも、盗んだのも20万ぐらいだっていってましたよ。

岸本:うわ、しょうもねえな。

早瀬:しょうもないですよ。巨人行きゃ良かったのに、ほんとに。

岸本:でもまあ、結構残ってるわけですね。知らないだけで。

早瀬:岡山結構いい人いるな、今思ったら。川相選手もそうですしね。

岸本:バントの。

バントの神様―川相昌弘と巨人軍の物語

早瀬:バントの川相。あれも岡山です。あれっつっちゃあれですけど、川相選手とか、意外といるな、今思ったら。

岸本:出身とか気にするんだね。

早瀬:するする。東京はしないでしょうけど。

岸本:知らない。1人も知らないもん。東京出身の選手なんて。

早瀬:選手、確かにね。でもミュージシャン多いですよね。東京出身、すごい人。

岸本:多いかな、分かんない、全然。多いってこともない気するけど。

早瀬:Mr.Childrenそうでしょ。あと、埼玉とか、あれが多いか。東京近辺。

岸本:まあそうだね。

早瀬:神奈川やら。

岸本:神奈川、横浜辺りが多い気するな、なんとなくだけど。

早瀬:ちょっと名言をちょっと紹介したかったんですよ。最後にちょっと1個いいですか。名前言えないけど、ドラフト入りした選手と僕、一打席だけ勝負したことあるんですよ。

岸本:どういうこと?

早瀬:ある選手。日ハムに。

岸本:プロのなった人ってこと?

早瀬:そう。プロになるって決まってる選手がいて、その人と勝負がしたいじゃないですか。要は、これからプロになってどんどん進んでいってスターになっていくんだろうなと思ったから、勝負させてもらったんですよ。そしたら、ド素人ですよ、僕なんて。90キロも打てないぐらいですから。

岸本:まあバッティングセンターでね。

早瀬:バッティングセンターで。そしたら、ファーボール。クソノーコンで。

岸本:一打席だから。

早瀬:クソノーコンで。

岸本:それ、やっていけないでしょ、その人は。

早瀬:結局3~4年で辞めちゃってモデルになりましたね。男前だったから。

岸本:ええ! すごい転身の仕方。夢ある一打席、ファーボールで終わるっていうのは、なんか悲しいね。

早瀬:むちゃくちゃ手振ってましたよ。ブンブン振ってファーボールでしたよ。ダサ、こいつと思いました。球は速かったですけど、やっぱり。

岸本:番組だったら撮り直しになるね、それはもう確実に。

早瀬:というような、ちょっと野球のちょっとお話でした。以上です。

岸本:オカルトドラフト会議。

早瀬:ドラフト会議。「子より金」が1位でした。

岸本:1位ということで、ありがとうございます。

早瀬:ありがとうございました。

岸本:さて、ということで本編終了しました。ちょっとお知らせというか、させていただきます。

早瀬:お願いします。

岸本:こちら、『オ・リーグ』月一更新でやらせていただいておりまして、この『オ・リーグ』、随時お便り募集をしております。そのお便り、メールアドレスございますので発表いたします。oleague02*gmail.com(*を@に変えてお送りください)になります。ご意見、ご要望、あと企画などありましたら、ぜひ送っていただければと思います。こういう企画の感想とかでもいいですし、なんか言いたいことがあったら、もっとすごい名言あったよとか、なんでもいいんで。

早瀬:ぜひぜひお願いします。見ます、見ます。

岸本:ぜひ送ってください。
ということで、じゃあもう締めさせていただきます。

早瀬:『オ・リーグ』56回戦、ゲームセット!

岸本:ありがとうございました。

早瀬:ありがとうございました。

プロフィール

p_prof_toshiboys_600

執筆者:都市ボーイズ(岸本 誠/はやせ やすひろ)

・岸本 誠 1984年9月28日 東京都生まれ
(好きな都市伝説ジャンル:陰謀論など)
・はやせ やすひろ 1988年3月14日 岡山県生まれ
(好きな都市伝説ジャンル:心霊・妖怪など)

■岸本とはやせによる若手放送作家コンビ
ポッドキャスト番組『都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ』を発信中。
apple社が選ぶ『2015年ベストオブポッドキャスト新人賞』も受賞している。
■活動内容
・ポッドキャスト以外にも東京別視点ツアーにて『あなたの知らない都市伝説の現場ガイドツアー』のツアーガイドを担当。
・新宿ロフトプラスワンの動画『ロフトプラスワンpresents 発掘ラジオ』に出演。
・新宿ネイキッドロフトにてトークイベント『ポットキャストでは語れない都市伝説』開催。
podcast: 都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ
twitter: @nishimako0928
blog: 都市ボーイズ
mail: oleague02*gmail.com (*を@に変えてください)

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」の意識高めカテゴリの第五十六回戦《オカルトドラフト会議「野球選手の名言・珍言」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。「野球選手の名言・珍言」を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧