野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • 意識高め

  • 第四十七回戦《オカルト三冠王「三毛別羆(さんけべつひぐま)事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十七回戦《オカルト三冠王「三毛別羆(さんけべつひぐま)事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

第四十七回戦《オカルト三冠王「三毛別羆(さんけべつひぐま)事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」

早瀬:あっちは夜目も効くから、入っていくと。

岸本:怖くないし。

早瀬:確かにね。で、一搔きでしょ、人間なんて。

岸本:そう。実際にそうだったらしくて、そこにいた人たちはもうほとんど一発、バーンって頭やられただけでほぼ死んじゃうっていうような。

早瀬:そうでしょうね。

岸本:このクマ、じゃあ実際どれくらいの大きさだったのかっていうと。

早瀬:確かに聞きたい。

岸本:これ、とんでもないんですよ。体長270cm。

早瀬:でか!

岸本:2.7m。立つと350cm。3.5m

早瀬:伏せてて2.7?

岸本:そう。で、380kgなんですよ。

早瀬:伏せてて2.7。

岸本:立つと3.5mだよ。

早瀬:3.5?

岸本:もうちょっと想像できないレベル。2m超えたぐらいでだいぶ、生物としてはすげえなってなるけど、3.5だからね。これどれだけすごいかっていうと、普通のヒグマが180cmぐらいで200kgっていわれてるんですよ。もうそれを考えても、倍近く、ほんっとの化けもんなんですよ、だから。

早瀬:すっげえな。

岸本:こんなやつが実在しているんですよね、この当時。
で、もうとんでもない状況で、どうにもできないってなって、もう一家みんな食われちゃってる人たちもいっぱいいるんですよ。で、もうこのまま野放しにしたらとんでもねえことになるっていうことで、一回倒そうっていう話になるんですね。

早瀬:駆逐しちゃおうと。

岸本:要は討伐を本格的にしないと、むしろこの町とか村を出られて、もっと人がいるところへ行ったらとんでもないことになるぞっていうことで。

早瀬:確かに。

岸本:警察だとかにも応援を。

早瀬:応援を。

岸本:近くの村のマタギとかにも声をかけて。

早瀬:それがいいわ。

岸本:討伐隊を組むんですよ。実際にちょっと一回あいつを倒そうということで、恐らくここら辺に行くであろうっていうヒグマの通り道に待ち伏せをするんですよ、討伐隊が。

早瀬:動線というか。怖いな。

岸本:で、その討伐隊が10人ぐらい銃を構えて待ってるところに、ほんとに来たんですよ、そのヒグマが。

早瀬:すごいな、やっぱマタギって。

岸本:で、討伐ですから、何も言わず。

早瀬:撃ちますよね。

岸本:撃ちまくるんですけど、まあその討伐隊、貧弱でして、要は農民だから銃の手入れもろくにしてねえし、銃の腕もないしってことで。

早瀬:そうなんですね。そりゃしょうがないわ。

岸本:10丁ぐらい銃がある中で、弾出たの1丁ぐらいしかないっていう。

早瀬:弾が出たの? 当たったのじゃなくて?

岸本:弾が出たのが1丁。しかも、その1丁もろくな方向行ってないみたいな。

早瀬:(笑)。

岸本:要は貧弱すぎるんですよ。警察もほぼあてにならないということで、討伐やべえな、これ無理だっていうことになって、ヒグマはさらにそのかすったりして、銃声とかもあったんで、ブチ切れてるんですよ。

早瀬:そりゃそうですよ。

岸本:討伐隊に向かってくる感じで。

早瀬:うわ! こええ!

岸本:それで、もう結局逃げちゃうって。人間側が。もうこれ無理だと、この状況じゃ。無理だっていうことで、もうクマと人間の対決、これ人間、一回圧倒的な敗北で終わって、最終的にはもう被害がずっと拡大し続けるというような状況になってしまうという。ここまでが二冠目、拡大していく恐怖と被害ということです。

早瀬:こわ。

岸本:さあ、じゃあ三冠目。ここからがちょっと人間が一矢報いる話なんですけども。

早瀬:救いがある。

岸本:三冠目。

「伝説のマタギvs巨大ヒグマ」!

岸本:三冠目。いいタイトルだと思うんですけども(笑)。

早瀬:いいタイトル、ほんとに。

岸本:これ、あれなんですよ。実はその村には伝説のマタギっていわれてる人がいたんですよ。伝説のマタギの人が最初から出張ってやればいいじゃねえかっていう話なんですが。

早瀬:そりゃそうだ。

岸本:それがちょっといろいろ問題がありまして、というのも、その方、山本兵吉さん、57歳なんですけども、当時。この人がなかなかの凄腕ではあるが、荒くれもので警察にもご厄介になってしまうような、ちょっと昔気質の職人で、しかも大酒飲みで酒癖が悪いと。警察にもしばしば世話になるような、ちょっと悪い、人間性としてはなかなかあんまり信用がおけないような人間だったと。

早瀬:腕はすごいが。

岸本:ただ、この人も腕はとんでもなくて、若いころには鯖裂き包丁っていう包丁1本でヒグマを倒して、「鯖裂きの兄(あにい)」という異名を持っているような。

早瀬:すごないですか。

岸本:すごいんですよ。で、ロシア製のライフルを持って、何百頭とクマを専門で倒しているという、伝説みたいな人なんですよ。

早瀬:柄の長い包丁でクマって殺せるものなんですか?

岸本:そうそう。

早瀬:1本で。

岸本:俺もそれ、そんなことできんのかなって思うんだけど。当時そういう伝説が残っている人なんで。

早瀬:すげえな。

岸本:で、もうほんとは頼みたくなかったらしいんですよ、村の人。なぜなら、危ないから、こいつ自身がっていうことで、なかなか言わなかったんだけど、もうこの被害の状況で警察もあてにならん、もう無理だということで、満を持して山本兵吉に村長が頼んで、来てくれということで、その討伐隊に山本兵吉が加わるという。

早瀬:『スーサイドスクワッド』だ。

トイザらス スーサイドスクアッド ハーレイクイン フィギュア DC Collectibles Suicide Squad Harley Quinn Margot Robbie 12 Inch Statue [並行輸入品]

岸本:すごい、物語っぽくなってますけども。

早瀬:悪で悪を倒すっていう。

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」の意識高めカテゴリの第四十七回戦《オカルト三冠王「三毛別羆(さんけべつひぐま)事件」》 都市ボーイズの「オ・リーグ」記事のページです。「三毛別羆(さんけべつひぐま)事件」を紹介します。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧