野球じゃないほうの野球
「YAQUE(ヤキュー)」

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • RSS
  • HOME

  • お役立ち

  • 【映像制作】Adobe After Effects エフェクト見本 基本編

【映像制作】Adobe After Effects エフェクト見本 基本編

【映像制作】Adobe After Effects エフェクト見本 基本編

連載
ヤキューテック

※記事編集時のバージョンはCC2015.3です。

こんにちは、YAQUE映像担当です。

Adobe After Effects CC には標準でいろいろなエフェクトが付けられる機能がついています。
これらを少し工夫して加工することで、プロっぽい見栄えの良い映像を作ることができます。

この記事では、よく使うエフェクトを見本の映像つきで解説していきます。

 

01 カラー補正>露出


明るい部分、暗い部分の彩度・明度を変化させることができます。

02 ノイズ&グレイン>ノイズ


粒上のノイズを載せることができます。ホラー系や電波をキャッチした的な演出に使えます。

03 ディストーション>波紋


水面の波紋のような効果をつけられます。悲しい思い出=涙が落ちるという表現とかにも使えるかもしれません。

04 カラー補正>色相/彩度


画面全体の色を変えたり、特定の色の範囲の彩度や明度を変更できます。この動画では「色相の統一」のチェックボックスをオンにしています。

05 描画>レンズフレア


レンズのきらめき反射を付けることができます。空を見上げた時などに使います。

06 ブラー&シャープ>ブラー(放射状)


特定の地点から放射状に延びていくぼかしをかけられます。勢いをつけるのに最適です。

07 トランジション>ブロックディゾルブ


細かい四角が増えていき、次の画面に遷移するエフェクトです。スライドショーとかでもよく見ますよね。

08 カラー補正>輝度&コントラスト


画面全体の輝度とコントラストを変更できます。直観的に操作できます。

09 スタイライズ>グロー


特定の明るさの部分が輝くようなエフェクトをつけられます。

10 描画>CC Light Rays


特定のポイントを中心に強い光を作ることができます。

11 ノイズ&グレイン>フラクタルノイズ


煙っぽいノイズです。今回は映像に直接このエフェクトをかけています。

12 描画>レーザー


開始点、終了点を指定してレーザーを描画することができます。色も指定できます。

13 カラー補正>平均化(イコライズ)


明るさまたはカラー成分を均一に分散して、映像の印象を変えることができます。

14 トランジション>ブラインド


ブラインド形式の画面遷移エフェクトです。ブラインドの幅も変えられます。

15 ディストーション>球面


球っぽい変化を加えることができます。敵の超能力とかで使えますかね。

これらを組み合わせることでさらにハイレベルな映像を作ることもできます。まずは基本的なエフェクトを使いこなしていきましょう。

 

執筆者:YAQUE 映像担当

今週のイベント情報

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。自分でやってみることで審判の大変さを知るイベントです。

主催:スポーチュア

1週間以内

2014/12/01

19:00~21:00

審判のポーズ練習会 in 代々木講演

記事タイトル

〒151-0052 渋谷区代々木神園町2-1

MAP

自分でやってみることで、審判の大変さを知るイベントです。

野球じゃないほうの野球「YAQUE(ヤキュー)」のお役立ちカテゴリの【映像制作】Adobe After Effects エフェクト見本 基本編記事のページです。Adobe After Effectsでよく使うエフェクトを実際に映像で確認しながら勉強できます。

ページトップへ戻る

野球データベース 野球データベース

野球データベース

最終更新
07/28

日本野球機構(NPB)

YAQUE(ヤキュー)

記事・コラムカテゴリ一覧 記事・コラムカテゴリ一覧

記事・コラムカテゴリ一覧